発毛と食事

薄毛の原因や発毛には、食生活が大きく関与しています。髪の毛も生きていますから、体全体と同じようにきちんと栄養が送られなければ、健康に育つことはできないのです。
髪には、ビタミンやミネラルを豊富に含む、野菜や果物を多く摂るといいとされています。
逆に、ジャンクフードなどの脂質が多い食べ物や、動物性タンパク質の過度な摂りすぎは、薄毛を招く原因となります。では、具体的にはどうしたらいいのでしょうか。

 

摂取が好ましい栄養素にはまず、亜鉛があります。
亜鉛は、直接的に髪の毛を作る作用を持っています。しかしその反面で、日本人男性のおよそ9割は亜鉛不足だと言われています。
そして勿論、亜鉛は髪の毛のためだけに必要な栄養素ではありません。身体の機能を維持するための、重要な働きへと使われています。
そのため、不足していれば尚更、髪の毛までは手が回らなくなってしまうのです。
亜鉛は肉類や魚介類に多く含まれています。

 

次に、ビタミン。ビタミンAは、頭皮の状態を調え、フケ症の方は特に摂りたい栄養素です。緑黄色野菜などに多く含まれます。
ビタミンCは、抗酸化作用を持ち、頭皮や血管を守る働きをします。柑橘類に含まれます。
ビタミンEは、血行を促進し、老化を予防する働きがあります。ナッツ類に含まれます。
ダイエット中の方などは特に、これらの食品を積極的にとれるよう心がけましょう。
時にはサプリメントの使用もいいかと思いますが、できれば食事から摂りたいものですね。