正しいシャンプーの仕方

発毛のためにと、頭皮のことを考え、折角高級なシャンプーを使っていたとしても、その洗髪の仕方が間違っていては台無しです。

 

まず、シャンプーの前に、髪がもつれていないか、やさしくブラッシングしておくといいでしょう。
また、爪が伸びていると頭皮を傷つける原因となりますから、きちんと爪切りをしておくようにしましょう。

 

では、具体的方法に移ります。
初めに、水をよく髪に馴染ませておきます。このとき、お湯の温度はあまり熱すぎず冷たすぎない、38、9度くらいがいいでしょう。
シャンプーは手の平で、少量の水と溶き、よく泡立ててから頭に乗せるようにしましょう。

 

洗うときは指の腹で、ごしごしとこすり洗うのではなく、軽くマッサージするように、優しく洗いましょう。
頭皮のためには勿論、ご自分自身もその方が心地いいかと思います。
そして、すすぎは念入りに、充分すぎるくらいに行ってください。

 

また、目が冴える、出かける直前に清潔にしておきたい、などといった理由から、朝シャンをする人も多いかと思います。
しかし、これから外出するという朝は、無意識のうちにシャンプーも乱雑になってしまいがちです。
そのため、発毛に朝シャンはよくない、とひとまとめにされることがあるのですが、清潔な状態に保つ、という面で考えればいいことです(あまり過度に洗いすぎるのも考え物ですが…)。

 

朝シャンの際には、頭皮を傷つけないことや、充分なすすぎを行うことを忘れないよう気をつけましょう。