発毛剤の成分

発毛をするにおいて、大きな位置を占めている発毛剤。現在、正式に発毛に有効な成分として認可されているものは、ミノキシジルとフィナステリドの二種類のみです。

 

まず、ミノキシジル。これは、頭皮に直接塗るタイプの従来の発毛剤で、血行を促進する働きがあります。
元は、血圧を下げるとして降圧剤に使われていましたが、血行を良くすることが髪の毛の成長を促すことがわかりました。
また、脱毛の原因となる男性ホルモンの働きを抑制する効果もあるとされています。
日本でも、大正製薬のリアップなどの発毛剤に含まれています。
注意が必要なのは、このミノキシジルを発毛剤とする際に同時に配合される、プロピレングリコールという成分。
これには、人によって痒みやかぶれ、炎症を起こすなどといった、副作用が起こることもあるようです。

 

次に、フィナステリド。プロペシアを始めとし、フィンペシア、フィンカー、プロスカーと呼ばれるものもフィナステリドの一種です。こちらは、男性型脱毛症の方を対象に、脱毛を制御する働きをします。
日本では2005年に販売され始めたばかりですが、飲む発毛剤として、今急速に注目を集めています。プロペシアは市販されておらず、医師の処方箋の元に処方されます。
また、世界中で多くの方に愛用されていることからも、その安全度や信頼性、そして効果は高いと言えるでしょう。
ミノキシジルとフィナステリド。この二つの成分を併用して利用することが、一番効果的な発毛方法だと考えられています。