脱毛の原因と種類

抜け毛の原因には、様々なことが考えられます。
この根本的原因を押さえ、解決していかなければ、発毛もうまくいかないかと思います。
人により原因は異なっているため、きちんとご自分の原因を知ることから始めましょう。

 

抜け毛の主な原因は・・・

一般的に発毛法といってもその原因によって様々な方法が考えられます。
重要なのは、自分の脱毛の原因が何かということを特定することです。
抜け毛の原因には様々なものがありますが、主な原因は、このように考えられています。

 

  1. 男性ホルモンの分泌によるもの。
  2. 頭皮の血行が悪く、毛乳頭に栄養が行き渡っていない。
  3. 頭皮環境が悪く、皮脂によって毛穴が詰まっていること。
  4. ビタミンなどの栄養分が不足していること。

 

脱毛の種類によっても、原因をある程度特定することが可能です。
まず、男性型脱毛症(AGA)。一般的に男性の多くが悩まされているのが、この男性型脱毛症です。
はっきりとした原因はまだ解明されていませんが、男性ホルモンや遺伝の影響が関係しているのではないかと言われています。

 

対して、女性に多く見られるのが、びまん性脱毛症です。男性のように目立った脱毛ではありませんが、髪全体が薄くなり、ボリュームがなくなります。
また、女性特有のものに、産後脱毛症というものもあります。
妊娠中はホルモンバランスが乱れ、男性ホルモンが活発化します。それが出産を終えることによって、急に正常な状態に戻るため、一時的に抜け毛が多くなることがあるのです。
この場合、時間が経てば自然と脱毛も落ち着くので、深く気にする必要はありません。

 

また、最近では子供の脱毛症も目立ってきています。
この原因には、食生活の乱れやホルモンバランスの変化なども挙げられますが、主にはストレスだと考えられています。
また、子供だからこそ、脱毛によって更に大きなストレスを抱えてしまうこともあるでしょう。
そのため、子供の脱毛には、周囲の方による心のケアが大切です。

脱毛の原因と種類関連エントリー

男性ホルモン
男性ホルモンはAGA(男性型脱毛症)につながる原因となります。
AGAについて
脱毛の原因、AGA(男性型脱毛症)について。